Line

お問い合わせ
(日本語OK!)

Online Consultation

オンライン相談
(無料)

ChatGPT AI

AIチャット
ボット(無料)

LON法(Lengthening Over Nail)- 組み合わせ法

イリザロフ法やホーリーフィックス法などの創外固定器を使用した古典的な方法は、骨が完全に固まるまではもちろん、骨が完全に固まった後も、長期間、外部固定を必要とします。しかし、外部固定の期間を短縮するために、LON法(「組み合わせ法」とも呼ばれています)などの新しい技術が開発されました。これにより、創外固定器を早期に取り外すことができるようになりました。たとえば、イリザロフ法やホーリーフィックス法などの完全な創外固定法では、患者さまは脚に外部装置を取り付けたまま、9か月から12か月過ごす必要があるのに対して、LON法では、外部装置の装着期間は、2か月から3か月に、短縮されます。従来の骨延長治療と比較しても、LON法の方は新しく出来る骨に対して内部形成をサポートの役割もありつつ合併症リスクも低く、費用的にも有利である。これらすべてに加えて、LON法(組み合わせ法)の装置は、最速での骨形成を可能にし、短縮なしで骨から負荷を移動する優れた設計を持っています。(ダイナマイゼーション法)

LON法

創外固定器;

創外固定器の役割は、脚を支えることです。つまり、骨の長さを伸ばす過程中、骨を安定させるための強力な金属製のフレームです。金属バーは、写真からも分かるように、ピンで骨に取り付けられます。この装置は、希望の長さに応じて2-3か月間使用されます。

骨髄内釘;

骨髄内釘またはロッドは、内部固定のために使用され、チタン合金で作られています。医師は、X線画像を確認して骨髄内釘のサイズを決定します(8.5mm、10.7mm、11.5mm、12.5mm)。手術中に、骨の中に外科的に埋め込まれます。この骨髄内釘は生体適合性があり、体に害を与える要素は一切含んでいません。

Limb Lengthening Surgery Lon Method Scar
Limb Lengthening Surgery Lon Method X-Ray

LON法を使用した2+1手術

骨延長の手術方法として、LON法が選択された場合、3つの手術が行われます。

  1. 第1手術:髄腔に骨髄内釘を挿入し、その後、外部固定器を脚に取り付けます。患者さまは、自分でキー(ネジ)を回して1日あたり1mmずつ骨を伸ばしていきます。(6時間ごとに金属の鍵でネジを回します / 0.25mm x 4回)
  2. 第2手術:目的の長さを得たら創外固定器の取り外し手術が行われます。まず、長さを保持するために、骨髄内釘を固定ネジで固定し、その後、創外固定器を取り外します。新しく形成された骨が成熟し完全に固まるまでに骨管内の残留釘は、安定性を確保するために残します。
  3. 第3手術: 髄内釘の取り外し手術は、骨が完全に形成され、固まった後に、患者さんの要望により行われます。髄内釘を取り外す手術は初骨延長手術から1年から1年半ぐらいたった後に行われる簡単な手術であります。(一部ですが、取り外すことを希望しない患者さんもいらっしゃいます。)

LON法の利点と欠点

利点:

  • 従来の方法に比べ、創外固定器を早期に取り外すことができる。(例:ホーリーフィックス法やイリザロフ法)
  • プリサイス法やプリサイスストライド法のような内部式の方法に比べ、費用が抑えられる。

欠点:

  • 骨髄内釘の使用により、手術費が従来の方法に比べ、高くなる。
  • 包帯の適切な交換が行われない場合、感染症にかかるリスクが高くなる。
  • 内部固定法に比べ、創外固定器を脚に取り付けているため、患者さんのコンフォートが損なわれる可能性があります。

LON法は、次の理由から当センターの患者さまに非常に好まれています。

  • 骨髄内釘が、骨に更なる安定性を加えるため、従来の外部固定法と比べ、信頼性が高い。
  • 外部装置を早期に取り外すことで、その分早く通常の日常生活に戻ることができます。例えば、Holyfix法では、患者さまは外部装置を9か月から12か月以上付けたまま、24時間生活しなくてはなりません。
  • そして何よりも、Precice2.2やPrecice Stryde法などの最新方法に比べ、手頃な価格です。

上記の理由から、当センターの患者さまの約70-80%がLON法を選択しています。

手術後の傷跡に関しては、従来の方法(イリザロフ法またはホーリーフィックス法)と同じです。傷跡が気になるという人もいれば、それほど重要でないと感じる人もいます。手術の傷口は、吸収性のある糸で縫合され、防水加工された包帯で覆います。時間が経つにつれて傷跡は薄くなり、目立たなくなります。特に、当院の外科医は審美的に縫合を行います。傷跡に対して敏感な肌をお持ちの方は、以下のビデオをご覧ください。傷跡を最小限にするヒントが見つかるでしょう。

Wanna Be Taller Patient's Lon Scar Mark Wanna Be Taller Patient's Lon Scar Mark
Wanna Be Taller Patient's Lon Scar Mark Wanna Be Taller Patient's Lon Scar Mark

他の手術と同様、合併症が発生する可能性とリスクが常にあります。しかし、医師の適切な技術・病院での衛生的な環境・適切な術後ケアが提供される限り、リスクや合併症は予防可能であり、かつ治療可能です。Wanna Be Tallerチーム一人一人にとって、最優先事項は常に患者さんの安全です。(ただし、すべての患者さまそれぞれに独自の体質があり、骨の出来が悪いまたは完全に骨が整形されないなどのような予測できない状態が発生する場合があります。この問題に関連する詳細な情報については、弊社のブログ記事「骨延長手術の副作用、合併症とリスク」をご覧ください。)

  • 准教授 (Assoc. Prof. Dr.) Yunus Öç (トルコ、イスタンブール) - LON法22,850$ドル、骨髄内釘のPrecice2.2法48,500$ドル, 骨短縮手術19,850$ドル。
  • Dr. Paley (アメリカ合衆国) - 両側の大腿骨を延長(最大8cmの高さ; 97,500米ドル、Precice Stryde法)/ 両側の脛骨を延長(最大5cmの高さ; 109,000米ドル、Precice Stryde法)
  • Dr. Jacob Rozbruch (アメリカ合衆国) - 125,000ドル(大腿骨または脛骨)/ 骨髄内釘の除去費用:20,000ドル(大腿骨または脛骨)
  • Dr. Shahab Mahboubian (アメリカ合衆国、カリフォルニア州ハリウッド) - 両側の大腿骨を延長(Precise2.2法)- 75,000ドル、両側の脛骨を延長(Precise2.2法)- 85,000ドル、脛骨と大腿骨を3-4週間おきに延長- 155,000ドル。」

詳しい説明のため特別記事をお読みください。

どのくらいの期間滞在しなければなりません?

骨延長手術は簡単ではありません。手術や回復の過程には、かなりの時間がかかります。特に最初の3か月は、この期間を、患者さまが可能な限り健康的に乗り切るために、重要な期間となります。この骨延長過程の期間中は、骨の回復・機能性、および患者さまの健康状態、すべてにおいて、医師は注意深く観察します。また、術後過程に精通した理学療法士から、適切な理学療法を受けてもらいます。これらのことから、少なくとも3-4か月間は、トルコに滞在する必要があります。

当センターでは、クンブルガス・マリン・プリンセスホテルにおいて、宿泊、術後ケア、理学療法サービスを提供しております。その他の宿泊施設や料金については、宿泊施設サービスページをご覧ください。

  • 宿泊費(1日3食付き)
  • 理学療法サービス(月20回)
  • X線、検査、診察
  • 薬剤
  • 心理カウンセリングサービス(月2回)
  • 栄養士によるサービス(月2回)
  • フィットネス、無料WI-FIインターネット、毎日の部屋の掃除、清潔なタオル、リネン交換
  • 遠隔地で仕事を続ける人のために、24時間営業のビジネスセンターの利用
  • 1か月に1回、ホテル外でのアクティビティと特別ツアー。患者さまに、リラックス&息抜きしてもらい、新たにモチベーションを高めてもらいます。

全て込み: 4,550$ 3,580$/月

3か月パック: 10,540$)

LON法による手順ガイド(始めから終わりまで)

Wanna Be Taller Step by Step Lon Surgery

コメントを投稿

WannaBeTaller AI Assistant X

こんにちは、私はトルコ初の身長伸ばす施設 (Wanna Be Taller) によって創設された、世界初の身長伸ばす手術助手です。 骨延長手術に関することなら何でもお気軽にご相談ください。

This conversation is being conducted with an artificial intelligence model. The responses provided by the artificial intelligence are intended for general informational purposes and are not legally binding. To obtain precise information, please contact the patient consultant.